ロータリーとは

国際ロータリー

1905年2月23日、青年弁護士ポ-ル・P・ハリスが3人の友人とシカゴにて第1回の会合を開き、ロータリークラブが誕生しました。ロータリーとは、集会を各会員の事務所で順番に持ち回りで開いたことから名づけられました。今日では世界各国に広められ、これらのクラブをメンバーとして国際ロータリーが構成されています。当クラブはベテランの会員も活躍されていますが、一方では入会3年以内の新しい会員が33名も存在する活気あふれるクラブであります。今期は経験不足の会長である私が率先して新しい会員と共にロータリーの歴史と精神を学び、当クラブの発展の一翼を担える人材育成を中心にし、具体的には「今期の奉仕計画」に沿った運営を1年間かけて実行してまいる所存であります。

日本のロータリー

1920年(大正9年)10月20日、当時三井銀行の重役であった米山梅吉氏が日本で初めて東京ロータリークラブを設立し、翌1921年4月1日世界で855番目のクラブとして国際ロータリーへの加盟が承認されました。その後、第二次世界大戦のため、脱退を余儀なくされたものの、戦後国際ロータリーに加盟するや目覚ましい発展を遂げ、今日では北は北海道から南は沖縄まで津々浦々に至るまでクラブがあり、専門職業人である会員が「超我の奉仕」をモットーとして、貧困・飢餓、国際親善、識字学向上、青少年育成、環境など多くの奉仕プログラムを提供しています。