会長の時間(令和3年6月24日)

日付 令和3年6月24日
会長 那賀 圭介

久しぶりの例会です。予定でしたら今日は、夜の例会でありましたが、通常昼例会にさせて頂きました。最後に飲めるのを楽しみにしていましたが、残念です。後程、会長退任の挨拶をさせて頂きます。
最後の会長の時間ですが、やはり私は車屋ですので、自動車業界の今後を少し話させて頂きます。昨年来この業界は、100年に1度の大変革期と言われておりますが、世界的に、カーボン・ゼロ・ニュートラルと盛んに言われております。日本を含む多くの国が、2050年にCO2排出ゼロを目指しております。車に関しては、2035年迄にガソリン車、ディーゼル車の生産・販売を無くすという計画目標です。当面ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車、電気自動車へと移行するものと思われます。トヨタ自動車は水素自動車に力を入れておりますが、日本は燃料電池や水素スタンドなどのインフラ整備・開発が遅れている為、しばらくは電気自動車に力を注ぐようであります。
いずれにしても、自動運転、安全整備などが進み、我々ディーラーは板金塗装やオイル交換などの作業、部品販売などが大幅に減少すると予想されています。又、ネットで新車が買えるようになれば、我々ディーラーも売る人間もいらない時代になるかもしれません。車のディーラーとしては、大変厳しい時代になりそうです。コロナもそうですが、世の中、人とのコミュニケーションが削られる時代になったとつくづく感じます。寂しい限りです。やはり、人間の価値は人との出会い、心の触れ合いではないでしょうか。