会長の時間(令和3年3月11日)

日付 令和3年3月11日
会長 那賀 圭介

先週34日の例会、急に欠席となり誠に申し訳ありませんでした。メーカーの突然の来訪・会議という事で、大変迷惑な話であります。愛知県も緊急事態宣言解除となり、出張が出来るようになったからだと思います。山本パスト会長には、大変有意義なお話をして頂き、ありがとうございました。

さて本日は、東日本大震災から10年の節目の日であります。15,900人が死亡、行方不明者2,525人、関連死の方が3,775人、約22,000人の尊い命が奪われました。40万戸の住宅が全半壊し、今も41,000人が避難生活を余儀なくされています。大分でも5年前の熊本地震が思い出されます。私の記憶で、大分で大きな地震があったのは45年程前で、九州横断道路の山下の池にある九重レークサイドホテルが倒壊した事を思い出すくらいです。大分は幸いにも大きな災害も少なく、恵まれているとつくづく思う次第です。少し心配なのは、別府鶴見岳が活発になっている事です。鶴見岳は活火山なんですね。大噴火すると別府の町も大変な事になります。とにかく今後、日本全土に大きな災害がない事を祈るばかりです。やっと今年はプロスポーツが無事に開催され、女子ゴルフ・プロ野球オープン戦・Jリーグなど楽しみが増えてきます。昨年中止になった選抜高校野球もあります。皆で明豊を応援しましょう。

我々トヨタ自動車は、地域の為に何か貢献できる事をMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)<複数の交通手段を組み合わせた移動サービス>事業として町いち活動に取り組もうとしています。例えば、過疎地の老人の買い物のお手伝いに車を提供し運行する事や、車をあまり利用されない人の為に、1台の車をシェアリングするなどがありますが、まだまだ課題は山積しています。地域貢献活動は今までも色々と行っていますが、ボランティアではなく、商売に結び付けるのは大変です。何事も上から言われて行動に移すのではなく、自ら考え、率先して行動していきたいと思います。

ロータリーの奉仕の心を大切に