美容と人との出会い

日付 2021/02/04
卓話者 大分東ロータリークラブ・ワンビジョン(株) 代表取締役 森 嘉隆 会員

大分東ロータリークラブに今年(2020年)6月に入会したばかりの新米会員の森と申します。大分県大分市三芳(大分インターそば)に大分本社、宮崎市青葉町(スタバ前)に宮崎営業所、福岡県北九州市中津口(ドンキホーテ向かい)に北九州営業所と東九州を中心にコタ株式会社(東証一部)の専売代理店(美容材料卸商社)を創業、経営しております。

今回、ロータリーEクラブの植山パスト会長さんよりEクラブでの卓話のご依頼をいただきました。植山さんとは以前から面識がありましたが、地域や社会の為に尽力、活動しておられ、その熱意ある活動と温かいお人柄には尊敬の念を持っておりました。入会間もない私が卓話のお話をいただき、とても恐縮いたしましてこんなに小さくなっておりますが(元々のサイズです)そんな尊敬する方からのお声がけでもありますし、お声がけをいただく事自体が何かのご縁と思いましてペンを取りました。不慣れで読み難い点も多々あるかと思いますが興味のある方は読んでいただけましたら幸甚に存じます。

生い立ち
大分県日田市の生まれ育ちで石井小~三隈中~日田林工(1年で中退)、20代で高卒同等資格を取り通信制の大学を卒業しました。生れつきある障害を持っていた事で人の好奇な目線を受けてきた事と学校の一部の先生の心ない対応から小~中学と劣等感をしばしば感じたり、とても苦い思いをしてきた記憶があります。人の目線や人の気持ちに過剰に敏感になっていった事は後に生きてきますが、そんな経験からの学校の先生への反発や親への反抗心も大きくなり10代半ばから高校にも行かず遊んでばかり……遊ぶのにお金がないのでお小遣い稼ぎにバイトを掛け持ちでやってお金を自分で稼ぐ楽しさも知りました。そもそも、高校進学の際、ここなら入れるという基準で進学高校を選んでいたので工業系(機械科)の勉強が面白くもなく、そっち系の仕事をする将来も見出せなかったので退学して仕事をする事にしました。

仕事をし始めた時の仕事への考え方(仕事観)は「仕事は自分の為にするもの」という『考え方』でした。時代がバブル景気で企業側の人材が足りないという状況だった事も相まって私の仕事へのかかわり方は「働いてやってる」とか「自分の為」といったものでした。多くの人は「多少、気を遣い、多少、自分の事を」と上手くやるんでしょうが若かったせいもあって、極端に言いますと猿に近いくらい自分勝手で本能のまま仕事ぶりでした。故に上司は勿論、お客さんともぶつかり退職。また就職しても同じ事の繰り返しで16歳~19歳までの3年間で20回以上の転職をしてきました。今、履歴書を見る側になって本当によかったと思います(職務履歴が書けない)

19歳で、ある先輩との出会い
仕事をしてもすぐに退職して続かない、故にお金がない、生活ができない……高校を卒業した同級生が就職や進学で夢を語っている時、夢も持てない、ご飯もまともに食べれない生活でした(実家を飛び出して別府で一人暮らしをしていた)。今、食べ歩きと聞くとオシャレな印象ですが、この頃、私は友人の家で前夜の残り物いただきに回るという、生活をかけた『食べ歩き』で繋いでいました。

何とかしないといけないと悶々としていた頃に同級生の友人の紹介で1回り上のある先輩と知り合いました。その先輩が私のそれまでの仕事との向き合い方などを聞いてくれた上で「森君、世の中は人と人との関りから生まれる信用信頼で成り立っている。『自分が何かを得たいと思う前に、自分の目の前(身の回り)にいる人の何か役に立てないか』と考えて仕事をしていくと、結果としてどんどん自分に返ってくるし、そういう『考え方と行動の習慣』が身に付くと、どの業界のどんな仕事でも上手くいく様になる。来てくれと請われるようにもなる」と言われ、頭では理解できる理屈ではありましたが、私の場合は『真逆をやってどうなってきたか』という体験を持っていたので、心から心底、納得をして『そういう考え方、あり方』でこれからやってみようと強く決意しました。

美容業界とのご縁。考え方やり方を変えての挑戦
そして、就活をして今の仕事(美容材料卸)の会社に就職する事になりました。この仕事を選ぶ際も「この仕事がいいとかあれになりたいという夢を持つ事は大事だけども何の仕事でもいい!縁のあった会社(業界)で『人の役に立ち、喜ばれる仕事』ができる様になったら他のどこに行っても活躍できる」と先輩はアドバイスしてくれ職安(今のハローワーク)で求人の出ていた学歴不問という条件の3社から美容業界の会社を選びました。

これから就職して(前述の様な)新たな気持ちでスタートするにあたって決意に漲っていましたが、この先輩が有り難かったのは「森君、仕事を通じて関わる方々のお役に立つ事って具体的に何をするの?」と、ただの観念とか心がけで終わらせない様に仕向けてくれた事です。いろんな具体的な行動目標を決めました。全ていい!と言ってくれましたが1つだけ『いつも、笑顔で、いつも元気一杯!』という事には、「いつもやれる事だからこれは徹底してやったらいいよ」とアドバイスいただきました。入社後、何の知識も経験もないところからのスタートでしたが、まずは『関わる方々の少しでもお役に立ちたい』という思いの具体的実践で『いつも笑顔で、いつも元気一杯!』を実践していきました。

…………続きは別紙