会長の時間(令和3年1月21日)

日付 令和3年1月21日
会長 那賀 圭介

改めまして新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年12月3日以来、40日ぶりの例会であります。この間、クリスマス家族例会・9クラブ新春合同例会を合わせて計3回の中止でありました。もっと多くの例会中止であったような気がします。久々に皆さんの元気な様子を見て、ホッとしました。今後の例会がどうなるかは分かりませんが、他クラブでは3月いっぱい休会のところや、オンライン例会のところもあり、様々です。

さて、年末年始はどう過ごされましたか?私はステイホームを守り、音楽・映画鑑賞等に明け暮れました。例年ですと、元旦から老人ホームの年賀式でしたが、今年はさすがに中止となりました。

コロナ感染者は相変わらず増加傾向にあり、世界での感染者は1億人に迫り、死者も200万人を越えました。日本の感染者は35万人・死者4,800人、大分の感染者は960人・死者12人です。益々心配するところであります。日本での早急のワクチン接種に期待するところであります。

そんな中、コロナ感染者が1番多い米国で、今日未明にバイデン新アメリカ大統領が就任しました。混迷するアメリカをどのように導くか問われる4年間です。

2021年のスタート、どのような1年になるのか国内で関心があるのは、やはり「東京オリンピックがどうなるのか?」ではないでしょうか。少し、“1”の年に何が起こったかを見てみますと、20年前の2001年9月11日にはアメリカの同時多発テロが勃発し、湾岸戦争に突入していきました。10年前の2011年3月11日には、津波で甚大な被害を出した東北大震災がありました。あまり良い話ではありませんが、本年20214年はコロナの早期終息を願い、他にも悪いことが起こらぬよう心から祈願いたします。

昨年は「大寒」でした。まだまだ寒い日が続きますが、今年1年、会員の皆さんが健康であり、明るく楽しい大分東ロータリークラブになるよう望んでおります。