会長の時間(令和2年8月6日)

日付 令和2年8月6日
会長 那賀 圭介

75年前の今日、広島に原子爆弾の投下があり、14万人が犠牲になりました。世界で初の核の使用です。心の傷、痛みは生涯消えることはありません。

さて本日の新聞によると、昨年1年間で日本の人口は50万人減少し、過去最多であったという事。大分県でも1万人減です。毎年大分市の人口以上に人が減っている状況、又、少子高齢化が進んでいる事を思うと、我々の生活、商売等にも色々な影響が出てくると思われます。皆で知恵を出し合い、行動に移していきたいと思います。

少しコロナの話をしますと、アベノマスクが不評で、再度配布することを中止し、希望する介護施設などに配ることになりました。安倍総理も最近大き目のマスクをしていますが、閣僚でアベノマスクを付けている人を見たことがありません。私の老人ホームに寄付をしても誰一人として着用していません。この不評マスクを再度配ろうとしていた政府の考えが不思議です。GOTOキャンペーンもしかり、税金の使い道について不信感で一杯なのは私だけでしょうか?

コロナ関連で使う横文字、例えばクラスター・ソーシャルディスタンス・パンデミック・ロックダウン等、小池都知事は横文字を流行らせるのがうまいですね。唯一とも言える日本語は「3密」であります。「密接」「密集」「密閉」を避け、自己防衛に心掛けましょう。

もう1つ、このコロナ禍で潤っている業界は何かというと、家電量販店であります。例の定額給付金10万円の使い道として家電の買い替え需要が増えた事、又、家にいる時間が多くなり、ゲーム機、DVD・CDプレイヤー等の購入が増えた事から、売り上げは好調だそうです。現に、ニンテンドーやソニー・プレイステーションの四半期決算は大きく黒字を出しています。私も昔の30cmLPレコードを聴くためにレコードプレイヤーを購入しました。昔のレコードを引っ張り出して、趣味の音楽をゆっくり楽しむ時間も悪くないと思います。