会長の時間(令和2年11月19日)

日付 令和2年11月19日
会長 那賀 圭介

本日は今月最後の例会で、夜の例会です。又、織部会員の叙勲授与のお祝いも兼ねております。織部先生、誠におめでとうございました。このところ大分も、コロナの感染者が連日10名を超え、増加傾向にあります。本日、東京都の小池都知事が5つの小(こ)というものを発表しました。1少人数で2小1時間で3小声で4小皿に取り分けて5小まめに(マスク・消毒等)を実施して、会食をするようにというものです。このような時に夜例会を開催しても良いものかと思いましたが、反対意見もなく実行させて頂きました。さて昨日、一昨日とトヨタ自動車の5年に一度の世界大会が開催されましたが、やはりコロナの影響でオンラインでの実施となりました。その中で、トヨタの今後、自動車の将来などについての話が豊田社長よりあり、トヨタは車の販売だけではなく、G.A.F.Aなどのデジタルモバイルなどを取り入れ、モビリティカンパニーを目指すと宣言しました。現に日本のソフトバンク、パナソニックやNTT、Googleなどとも提携しております。又、2050年迄に日本政府が温暖化ガス0(ゼロ)を目指す方針に対して、電気自動車や燃料電池車(水素ガス車)などの開発にも力を注入していくとの事です。特に電池の小型化や耐久性、航総距離の延長などの技術が重要であるという認識でありました。来年以降に発売する新型車のモデルも見ましたが、新聞等で最近話題になった70年間続いたクラウンが無くなるという事に対しては、今日セダンの需要が減り、クラウンもSUV指向の車になるものと思われます。時代の変化はスピードアップしているようです。トヨタは富士山の麓にある工場をなくし、ちょっとした未来都市を作るそうです。もちろん化石燃料ゼロ都市です。安心、安全で環境にやさしい町づくりにも挑戦していき、世の中に貢献するトヨタを目指すという事です。