会長の時間(令和2年10月8日)

日付 令和2年10月8日
会長 那賀 圭介

本日は、久しぶりに裏会員の「ザ・ブリッジ」での夜の例会です。

先週から週報の表紙の図柄が変わりました。皆さんご存知、ハワイ出身の画家、クリスチャン・ラッセンの「アラビアン・ナイト」という絵画です。ラッセンはイルカやクジラの作品がほとんどで、馬の絵は珍しく、ハワイに行ったときにラッセンの姉が経営している画廊で購入した物です。この絵の中には本当に小さなダイヤが5個入っています。光の加減による微妙な輝きが気に入り、日本に送ってもらった物です。

さて、少しコロナの話ですが、今、全世界で約3,550万人の感染者が出ています。内、死者は105万人、死亡率は3%であります。日本の感染者は、8万8千人で死者は1,630人、死亡率は1.9%です。世界で死亡率が高い国は、メキシコで10%、スペイン4%などで、日本は感染者も死亡者も非常に少ない国に入ります。米国だけでも750万人が感染し、21万人が死亡しているのです。1日でも早く終息することを願うばかりです。

あと1ヶ月程で、米国の大統領選がありますが、トランプ大統領のコロナ感染には驚きましたが、自業自得です。又、僅か3日で退院しましたが、陰性になったという発表はありません。イベントや会合などで側近などに感染者が多数出ていますが、本当に大丈夫でしょうか?4年前の大統領選では、誰もがヒラリー・クリントンの勝利を確信していたのですが、結果はトランプの勝利でした。日本の有識者の中でもトランプが勝つと予想した方が2名いたそうです。アメリカという国は不思議な国で、アメリカンドリームに憧れる人々がいかに多い事かと私は感じています。トランプもコロナに打ち勝ったと鼓舞する作戦で現状を逆転したいのでしょう。今日は楽しい時間をゆっくり過ごしましょう。