会長の時間(令和2年9月3日)

日付 令和2年9月3日
会長 那賀 圭介

この1週間も色々なことがありました。私個人としては、母方の叔父が他界し、ついに父方も母方も男兄弟がいなくなりました。叔父は、6人兄弟の末っ子で家を継いでいたのですが、子供がおらず、残された叔母も親族がいない為、私が親族代表を務めた次第です。我が家も息子1人ですが、少子化で今後の日本はどうなるのかと身近な問題に感じました。

国内では先週、安倍首相が辞任し、3人の立候補者で慌ただしく総裁選を行うようですね。石破元幹事長はずしで自民党も躍起になっています。相も変わらずの派閥、談合体質には嫌気がさします。全くの出来レースで自民党員としてもうんざりです。

本日は私の車業界の話の第1弾として、現状の日本における車の台数について少し触れてみたいと思います。日本全国では現在、約7,800万台の車があります。内、軽自動車を除くと、4,680万台が登録車であります。大分県は135万台、内、登録車は46万台です。トヨタ車は約20万台、42%を占めています。昨年の年間販売台数は、軽を除いて328万台、大分県は29,000台でありました。全国の0.9%であります。当社の販売台数は約2,300台で、占拠率(シェア)は、8.3%です。

車種別でみますと、3BOX(セダン)は18.5%、2BOX(ミニバン・SUV・コンパクト等)は80%を占めています。輸入車は4%です。エンジン別では、ハイブリッド車が31%以上を占めており、ミニバン24%、SUV23%と、今はSUV(スポーツユーティリティービークル)が人気で、今後ますます多くなりそうです。

今後も車の話、第2弾・第3弾と続けてまいりますので、皆さんこれからもっと、車に興味を持って頂けたらありがたいです。

最後に、台風10号には十分お気を付けください。