会長の時間(令和2年7月9日)

日付 令和2年7月9日
会長 那賀 圭介

先日の豪雨の影響で熊本人吉の球磨川が氾濫し大変な被害になりましたが、一昨日、大分日田の筑後川(三隈川)、天ヶ瀬、由布市などでも水害が発生いたしました。お亡くなりになった方、被災された方々に心より御冥福・御見舞いを申し上げます。

コロナ禍の中での二重苦、大変残念でなりません。早急の復旧・復興を願うばかりです。

今から67年前の昭和28年に日田の大水害がありました。その時、私の家族は日田の三本松に住んでおり、大変な経験をしたと言っておりました。300人以上の犠牲者が出たと聞いております。御存知の通り、日田も由布市も地形が盆地となっており、水が出やすいということもあります。山に囲まれ、地形的に大変怖い一面もあります。

現在の異常気象は地球温暖化が原因だと言われておりますが、その大部分が温室効果ガスによるものであり、海水温・海面の上昇に繋がっていると思われます。温室効果ガスの排出量は、全体の30%が中国、アメリカ15%、インド、ロシア、日本と続いており、今後も増え続ける予想です。雨量は、この100年で2倍以上になっているそうです。

この異常気象では、いつ何が起こっても不思議ではないと思います。皆様もハザードマップ等を注視し、避難経路や場所などを把握して十分気を付けてください。自分の身は自分で守る意識を持った行動をお願いします。