お月見

日付 令和元年9月12日
会長 佐藤 佳郁

秋の澄んだ夜空に浮かぶ満月の下、すすきや団子、芋などを飾り、酒宴を楽しむ。なんとも風雅な日本人の月の楽しみ方です。
旧暦の8月15日の満月は、中秋の名月、十五夜と言われ、「お月見」といえば、この満月のことをさすほどでした。中秋の名月を愛でる風習は中国から伝わり、平安時代に貴族の間に取り入れられ、やがて武士、町民へと広がっていきました。もともと月の満ち欠けによって月日を知り、農業を行っていた日本人にとって、十五夜は収穫の感謝祭の意味もあったのでしょう。月に感謝し豊作を願いました。芋などの収穫時期でもあり、「芋名月」という別名もあります。また、十五夜から1ヵ月後、旧暦9月13日の月を「十三夜」といって愛でる風習もありますが、これは日本独自のもの。豆や栗の季節でもあり「豆のち名月」「栗名月」という名もあります。
また、「後の月見」ともいい、十五夜に月見をしたら、必ず十三夜も行い、どちらか一方が欠けるのを「片見月」といって嫌いました。
お月見は旧暦で行います。旧暦の8月15日は、新暦では毎年違う日になりますが、気候もよい時期。美しい月を眺めてみませんか。