会長の時間(令和元年5月30日)

日付 令和元年5月30日
会長 山本 輝彦

皆さんこんばんは!

先日、武島さんから発表が有りました様に、平成28年9月8日に東RCに入会された武島さんが「大分銀行常務取締役」にご就任が決まり6月末で退会されます。

これからも益々のご活躍を祈念申し上げます。

それと、新たに「SMBC日興証券大分支店長、源島達也会員」が入会されました。これから大分県の良さをご堪能いただいて東RCのメンバーとして宜しくお願い致します。

さて、今日の会長の時間は夜の例会でお酒が入るのと、先月4月での夜の例会会長の時間でアルコールの効能についてお話ししました。そこで今日は、明後日から6月に入りますので6月の旬の食材についてのお話をします。

6月は、雨続きでともすれば気分も沈みがちになりがちですが、新鮮な夏野菜や爽やかな初夏の果物、風味豊かな海の幸などバラエティ豊かな旬の食材が揃う美味しい季節と言われております。
それに6月は年間を通して12か月の中で『食材が最高に豊富で旬の食材に恵まれた月』になるそうです。

まず、野菜ではアスパラガス、枝豆、キュウリ、トマト、ジャガイモ、パプリカ、ピーマン、グリーンピース等。果物ではさくらんぼ、キウイフルーツ、夏みかん、パイナップル、びわ、マンゴー、それにメロン等。魚では鮎、穴子、イサキ、イワシ、ウニ、鰹、車海老、かわはぎ、カンパチ、キス、きびなご、メバル、等々と6月は、野菜、果物、魚とどの分野の食材を見ても群を抜いての食材の豊富な月になります。

最近は品種改良や技術の進歩で食材の季節感が無くなったとは言え、6月の旬の食材をシッカリ堪能したいと思います。

今日は裏会員のお店ザ・ブリッジでの例会です。美味しい料理が出てきます。いつものように話が弾んでの例会になると思いますが、美味しい料理を残すことの無いようシッカリ食べて飲んでの楽しい例会にしましょう(^^♪

以上で今日の会長の時間を終わります。