会長の時間(平成30年12月6日)

日付
平成30年12月6日
会長
山本 輝彦

今日の会長の時間は、最近、ポテトチップスを箸で食べる人が増えている!のお話をします。

先日、友人とフライドポテトを摘まみながらビールを飲んでいる時に出た話題で、最近ポテチを箸で食べる人が多いらしいね!との話が出ました。何と風変わりで不思議な食べ方をする人が現れたことかと思いながら、自分の指先に付いたフライドポテトの塩を濡れティシュで拭いている自分が居ました。また別な話ですが、先般新聞記事で見たのですが、森永製菓のチョコフレークが来年の夏までに生産を中止するとの事です。個人的な思い出を語れば、小学校時代の頃のチョコレートと言えば、明治製菓のマーブルチョコレート、アーモンドチョコレート、森永ガーナミルクチョコレート。その後中学生になった頃に現れたのがグリコポッキー、それに森永のチョコフレークでした。今までの板チョコ、粒チョコと違って、甘さに加え、サクサク感が何とも言えぬ美味しさで良く買って食べたのが森永のチョコフレークでした。1967年(昭和42年)の発売以来、半世紀以上売れ続けたチョコフレークの生産中止をニュースで知って原因を調べてみますと、森永製菓の広報室の話ではズバリ売上減少からの決定との事で、5年頃前の売り上げから比較すると現在の売上が半分以下に激減したとの事です。

もう皆さんはその要因がどこに有るのか想像が付くのではないでしょうか!

スマートフォンの普及により、チョコフレーク等の今迄どちらかというと指で摘まんで食べていた商品の売り上げが極端に減少しているとの事です。

ベタベタした指でスマートフォンを操作したくないから箸を使う。愛用の機器を汚したくないから溶けやすいチョコ系を敬遠する。そんな風潮があるのでしょう!とは広報室の話です。

生活必需品を超えて体の一部になった感さえあるスマートフォン。世の中の動きを一気に変えてしまったスマートフォン。ついには食の文化にも影響を及ぼし始めたという事でしょうか?

そういう私も、フライドポテトを爪楊枝に刺して食べている時が有るなぁ~と気付きました。

さて、皆さんは如何でしょうか?

以上で今日の会長の時間を終わります。