閑話休題

日付 平成29年10月19日
会長 会長  阿部 克哉

今までなるべくロータリークラブに関することを話してきましたが、今回はそのことから離れ『閑話休題』、『さて、、、』ということ
で時間を使わせていただきます。
と言っても特に博学的な話題もありませんので今更ながら私自身について話をさせていただきます。
生まれは1963年で大分東ロータリークラブが誕生した2カ月後にこの世に生を受けました。
中学生になるまでは走る度に股ずれを起こす世間一般では肥満児と言われる体型でした。それが中学に入学して柔道部に入ってから見る見るうちに細くなってきました。
中学高校と柔道を続けてきましたが、私のいままでの人生の中で細いといわれる期間は現役の10年間ほどでした。あとの人生は皆さんが普段目にしている姿です。

脂肪の数は3歳までに決まると聞いたことがありますが、納得してしまいました。
社会人としては、最初は県内大手の建設会社に経理として入社しましたが、紆余曲折ありまして保険会社に入社しました。このへんの経緯は長くなるので割愛します。

保険業界に入って四半世紀以上が経ちました。家族に迷惑をかけ、周りの人たちに助けられながらやってきました。
それから11年と6カ月前に縁あってこのクラブに入会しました。人間としてまだまだ未熟な私を会員の皆さん方から会長までさせていただいております。
つくづくこのクラブは心の広い方たちばかりだと感謝しております。
このクラブの未来のためにまだまだ会員数を増やしていかなければなりません。是非とも会員増強にご協力ください、という言葉で締めくくります。
やっぱりロータリークラブの話をしてしまいました。