永田ガバナー公式訪問 会長・幹事会

日付 平成29年8月17日
会長 会長  阿部 克哉

8月3日の例会前に城内幹事、山本副会長と共に永田ガバナーとの会長・幹事会がありましたのでその報告をいたします。
事前に提出いたしました「活動計画の指標」で答えた内容について色々と質問をされました。
実はアンケートについて忘れてしまっていて少しあわててドキドキしてしまいました。
インターアクトクラブの提唱については高い評価をいただき、今後の課題でもある共同で何か出来ることを模索していかれてはとご指摘をいただきました。具体的には今年度で終わりとなる山桜の事業を来年度から一緒に植樹を行っては、などです。
特に印象に残っているのは「戦略会議」と名を打って直前・現・次年度会長・幹事さん等で3年後の会員数、5年後の会員数の目標を話し合い会員さんたちへ報告をして意識付けをし、3年後5年後になりたいクラブ像を描くということでした。
ロータリークラブは単年度制なのですが、そのように通年で出来ることを行う事も必要ではないかと感じました。
また、ロータリー財団の寄付金を一人120ドル以上でお願いしますとのことでした。
永田ガバナーのクラブでは、例会の席はくじ引きで決めているようで、いつも同じ人とならないようにしているそうです。
新入会員の入会時には当クラブと同じように、クラブの活動計画表・財団ハンドブック・ロータリーの小冊子等を渡しているそうです。
例会の企画として会員相互の討論会をしているそうで、テーマはその都度決めて例会の中で自由に意見交換しているそうです。企画としては私も考えていたのですが今年度は例会の回数が少ないので入れることが出来ませんでした。
一時間ほどの会長・幹事会でしたが、その他たくさんのアドバイスをいただき、意見交換をさせていただきました。