電通鬼十則について

日付 平成29年2月16日
会長 会長  川崎 栄一

電通の女性社員が過労自殺したことにより、鬼十則についても非難がなされていますが、鬼十則を調べたところ、次のような行動指針でした。
一、仕事は、自ら創るべきで、与えるべきではない。
一、 仕事とは、先手先手と働きかけていくことで、受身でやるものではない。
一、 大きな仕事と取り組め、小さな仕事は、おのれを小さくする。
一、 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
…………以上合計十項目です。
 これら十項目は、どれも素晴らしいもので、弊社でも取り入れられる内容と感じました。では、なぜ過労自殺という悲劇が起きたのでしょうか。
 私見を述べると、企業風土の大切さであったり、上司や同僚に何でも相談できる雰囲気があるのかや、パワーハラスメントが常態していないかどうかなどに、経営者が気を配る必要があったのではないかと感じています。素晴らしい理念や行動指針があっても、このようなリスクは、どの企業・組織にもあると思っています。