TOTOミュージアムとロボット村

日付 平成28年11月17日
会長 川崎 栄一

先週、某経済団体の視察で、北九州に行ってきました。

主な訪問先は、TOTOミュージアムと安川電機ロボット村でした。

TOTOミュージアムは、創立100周年記念事業の一環として、昨年開設されました。水まわりの文化と歴史とともに、TOTOのものづくりへの想い、製品の進化について理解を深めることができました。

安川電機ロボット村では、1915年創業以来「電動機(モータ)とその応用」を事業領域に定め、そのコア技術である「ロボット技術」の現状とその未来について学ぶことができました。

2025年ビジョンにより、メカトロニクス(機械と電機の融合、産業ロボット)、Humatronics(人と機械と電機の融合、医療福祉分野)、Clean Power(再生可能エネルギー)の3つの事業領域を拡大していくことなどが、示されて
おり、未来の姿を垣間見る事ができました。