婚姻届の受理

日付 平成28年4月21日
会長 小嶋 一範

市役所や区役所は、婚姻届を24時間受け付けてくれます。お役所の仕事というイメージから考えると、やけに熱心に見えるのはなぜでしょうか…
実は、婚姻届の受理と遺産相続が密接にかかわってくるから、やむを得ず24時間の受付を行っているそうです。
民法の規定では、死亡者の配偶者は、遺産の少なくとも半分を相続できるようになっています。しかし二人の関係が事実婚(内縁関係)であったとしても、正式に婚姻届が提出されていなければ、法的には配偶者として認められていません。そのために遺産相続においては、死亡と婚姻届の前後関係が問題となってトラブルに発展するケースが数多くあるそうです。
そこで、24時間受け付けとしておけば、死去する直前に結婚の意思を表明したような場合、すぐ
に婚姻届を提出することができるというしくみになっています。また、結婚を合意したのに、窓口が閉まっていて婚姻届を出すことができなかったと言う主張を避ける事ができるようにするための対策にもなるようです。
このように、いらぬトラブルを避ける意味もあり、婚姻届は24時間受け付けられるようになりました。