新春合同例会 会長の時間

日付 平成27年1月6日
会長 大分1985RC会長 木村 成淑

新年あけましておめでとうございます。旧年中は全員の皆様に大変お世話になりました。今年も一年間よろしくお願いします。私事でございますが、1956年生まれでして今年は年男そして還暦となります。なお60才の時が還暦で30才の時は小還暦、120才では大還暦となるそうです。また、今年は干支でいうと丙申(ひのえさる)にあたります。元来干支は十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)の組み合わせとなり、十干の10×十二支の12=干支の60となります。それで干支は60年で一周しまして還暦となります。温故知新の精神で60年前の1956年の日本を振り返ってみましょう。この年一番大きなニュースといえば、「日ソ国交回復」です。9月に日ソ共同宣言「ソ連は平和条約締結後歯舞諸島と色丹島を引き渡す」をだしました。10月19日「日ソ共同宣言」がモスクワで発表されました。12月12日、日ソ共同宣言の批准書が交換され、ソ連が対日宣戦を通告して以来11年ぶりに日ソ間の国交が正式に回復しました。それに基づいて12月18日に国連総会で日本の加盟が全会一致で可決されて、翌年正式加盟となり、世界における日本の立場がしっかりしてきました。今からみると隔世の感があります。その他、10月にスエズ戦争といわれる第2次中東戦争が起こり、また、ブダペストにおいてハンガリーと旧ソビエトとの間に戦争がおこったのも60年前の事です。当時の流行語の中に「太陽族」や「戦中派」「ドライ」などと共に大宅壮一氏の「一億総白痴化」という言葉もありました。60年後の今日でも似たような流行語がありますが、時代がめぐりまわっているような気がします。そのような60年前を踏まえて、次の60年丙申(ひのえさる)がすばらしい未来でありますように、今年1年間ロータリアンとしてしっかりとした活動を皆様といっしょにしたいと思います。