働き方改革における生産性向上について

日付 平成29年6月8日
会長 会長  川崎 栄一

弊社の今年度のテーマの一つが、生産性向上である。社会保険労務士の目から見た生産性向上について紹介したい。生産性向上のためには、付き合い残業や長時間労働の美徳感などの従来型意識の改革が必要であり、そのための仕組みづくりが大変重要である。また、生産性向上は業績重視につながるが、人間関係性を重視する側面も大事である。さらに、最適なストレスが生産性を最も上げることも留意しなければならない。
以上のことを勘案しながら、このテーマを遂行していきたい。